カナガンキャットフードはなぜあんなに臭いのか

先日ふと思ったことがあります。カナガンのキャットフードは袋を開けた瞬間、まるで生ごみのようなひどい臭いが漂ってきます。いったいなんであのような激臭がするのでしょうか。

一般的なキャットフードも確かに臭いがします。特に魚をメインの原材料にしているフードは魚臭いです。しかし鶏肉(チキン)を主原材料としているフードはそこまで匂いが出ないことが多いです。しかしカナガンは強烈な臭いを発しています。人口添加物等を一切入れていないのにどうやってあそこまで臭いをだしているのでしょうか。

まぁカナガンの強烈な臭いの原因はともかく、猫にとって食べ物の臭いは非常に大事なようですね。まず食べる前に必ず臭いを嗅いでいますよね。おそらくあれで「食べていいものかどうか」「美味しいかどうか」を判別しているのだと思います。犬も同様ですが、猫は犬よりも美食家のように思えます。一口食べて「あ、やっぱり駄目だった」ということがしばしばあります。

そう考えるとカナガンは臭いを嗅いで、一口ペロッと食べた後に、ものすごい勢いで食いついています。臭いもさることながら、味も濃いのでしょうか。うちの飼い猫は完全にカナガンの虜になっているようで、袋をガサガサと触った瞬間に叫びながら餌を求めて走ってきます。こうなるとマタタビでも入っているのではないかと疑いますが、基本的にカナガンは自然にある優しい、安全な食材しか使っていません。もちろん人間が食べても大丈夫のような基準で作られています。いわゆるヒューマングレードですね。

カナガンキャットフードがなぜあんなに臭いのか?それは猫の食欲を刺激させるためです。そして「これは美味しいフードだぞ!」と教えているのです。